招き猫ファイナンス

国立院卒の理系君が金融について語ります。簿記2級ホルダー。企業の決算短信を年間200件読んでました

はじめましての人へ(サイト紹介)
ツイッター→ 招き猫ファイナンス

「やりがいのある仕事」という幻想

久々に本屋さんに行って、本を衝動買いしました。

 

スカイクロラすべてがFになる、の著者の森博嗣さんのエッセイです。

 

「やりがいのある仕事」という幻想 (朝日新書)
 

 

森博嗣さんはなかなか変わった考え方の持ち主です。

元々、国立大学の研究者で、1日16時間を研究に費やすハードワーカーでした。

 

助手から教授まで昇進しているのですが、趣味のための土地やお金が欲しい、という理由で小説を書き始めます。

 

本人曰く、それがたまたま当たって、結果的に教授の職を辞めて、今は小説家もほぼ引退しています。

 

小説を読んでも端々から分かるのですが、なかなか変わった仕事観を持っています。

 

自分用のメモも兼ねて、興味深かった箇所を抜粋しようと思います。

 

人は働くために生まれてきたのではない

  • 「お父さんは、こんなに大変なことをしているのだよ」と子供に言いたがる。実に情けないことだ、と僕は感じる。
  • このように非公開と捏造の情報で育った子供たちが、やがて就職をすることになるわけだが、おそらく、仕事というものに、最初から怯えているといっても良いだろう。

 

  • 将来の夢という言葉とは裏腹に、何故かほとんど例外なく「どんな職業に就きたいか」ということを子供たちは答えてしまう。
  • こうなるのは大人が悪いと思う。子供が小さいときから、「大きくなったら何になるの?」なんて尋ねたりするのだ。

 

  • そもそも、就職しなければならない、というのも幻想だ。人は働くために生まれてきたのではない。
  • どちらかというと、働かない方が良い状態だ。働かない方が楽しいし、疲れないし、健康的だ。あらゆる面において、働かない方が人間的だといえる。
  • ただ、一点だけ、お金が稼げないという問題があるだけである。

 

  • 仕事を選ぶときに、どれくらいその仕事を続けるのか、というイメージを自分なりに持っているのが良いと思う。
  • 「とりあえず二年間やってみよう」というのと、「できれば長くそこにいたい」というのでは、おのずと心構えも違うし、また我慢の限界もまったく異なってくる。

 

  • 仕事におけるモチベーションは、第一に賃金を得ること、そして次には、仕事を覚えること(技術的な成長)だと思う。

 

  • 目の前にあるもので、自分が稼げそうなことに手を出しただけである。

 

もっと読んでみたいなって思ったら、本を読んでみてください。

kindle版495円

新書版836円

「やりがいのある仕事」という幻想

<投資ブログの紹介サイトです>

上位表示されるので「Web Site」の応援クリックお願いします。