僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?

今回は、働き方について考えるオススメの本を紹介したいと思います。


本のタイトルは僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか? (星海社新書)です。
 
この本を購入したのは星海社新書のラインナップに書かれており、タイトルに引かれて調べたのがきっかけです。
 
amazonのカスタマーレビューを見たところ、高評価を与える人と低評価を与える人が二分していて、低評価の人は明らかに本質を理解しておらず、搾取される側の人間に見えます。


搾取される側の人間が理解できない本は、「お金持ちの理屈」が書かれているだろうと踏んで購入した次第です。
カスタマーレビューは興味深いので一見の余地ありです。


以下に、概要と関心を持った内容をまとめようと思います。

1.概要

マルクスと金持ち父さんが教えてくれた“目指すべき働き方”
私は、大学時代に経済学の古典『資本論』と、お金の哲学を扱った世界的ベストセラー『金持ち父さん貧乏父さん』を深く読み込むことで、その後の人生が大きく変わりました。実はこの2冊は全く同じことを言っています。それは、資本主義経済の中で私たち“労働者”が必然的に置かれている状況についてであり、そこから考え始めることで、どういう「働き方」を選択すればラットレースに巻き込まれず、幸せに暮らしていけるかがよくわかるのです。今の働き方に疑問を持っているのであれば、転職や独立、ワークライフバランスを考えても意味はありません。しんどい働き方は、もっと根本的なところから考え、変えていかないといけないのです。
引用元:Amazon紹介文より

 

2.関心を持った内容

2-1.資本論からの視点

本の前半はマルクス資本論の視点から論じています。
 
この中で、「価値」と「使用価値」という言葉が出てきます。


「価値」とはその物を作るためにどれだけのコストをかけたかです。
「使用価値」とはその物を使う時にどれだけの効果をもたらすかです。
 
商品の値段はほとんど「価値」によって決まります。


例えば、家やビルなどは安くなりますが、作るのにコストがかかるので一定値以下にはなりません。


そして、「使用価値」でプラス評価があるとさらに値段が上がり、マイナス評価だと値段が下がります。


ここで重要なのは「使用価値」ではなく、「価値」によって商品の値段の大半が決まる点です。
 
この対象が商品ではなく、労働力つまり私たちの給与についても同じことが起こります。


私たちが提供している時間や労力、生活するための衣食住などが「価値」に当たり、業績に貢献したことで「使用価値」が生まれます。
 
「価値」で給与の大半が決まってしまうため、実は業績に貢献しようと頑張っても「使用価値」が増えてあまり給与に反映されないのが実態なのです。

 

2-2.どんな働き方をすれば良いのか?

この本では「使用価値」では給与上昇は難しいと説き、「価値」側を向上させる事で給与所得を得ることを推奨しています。


また、知識やスキルを積み上げることによって頑張らなくても「価値」を提供できる事が解決策だとしています。


私もこの考え方には賛成です。
最近はノウハウを蓄積したり、マクロで面倒な仕事の工数を減らしたり、仕事を依頼することで自分が労力を払わなくても一定の成果が出るように取り組んでいます。
 
ただし、仕事の効率化が目的ではありません。


仕事が早く終わっていると思われると新たな仕事を振られるだけです。
ストレスのかかる面倒な事を潰すのが目的です。
 

まとめ

  • 「使用価値」ではなく、「価値」によって商品の値段(給与)の大半が決まる
  • 「価値」側を向上させる事で給与所得を得る

 

『僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?』がついに文庫化されました。

 

改題と共に、会社に左右されない自分資産を積み上げる実践法が追加されたので、ぜひ購入してみて下さい。

人生格差はこれで決まる 働き方の損益分岐点 (講談社+α文庫)

人生格差はこれで決まる 働き方の損益分岐点 (講談社+α文庫)