やろまい

国立院卒の理系君。仕事でマクロ(VBA)の開発請負をやってます。金融と投資の事も。引用はご自由に。

【メモに便利】Wordの見出しで検索可能なメモを作ろう

今回はWordの便利な使い方を紹介します。

 

こんな人に向けた内容です。

  • メモは取るけれど調べにくくて困る
  • Excelでメモを書いている
  • Wordの使いどころを知りたい

 

Wordは見出しで検索できる

Wordは見出しを付けると、見出し部分にジャンプできる機能があります。

 

f:id:hamahiro881477:20201130065114p:plain

こんな風に見出し一覧が表示されて、見出しをクリックすると、その部分へジャンプできます。

これはナビゲーション・ウィンドウで、画面左側に表示されていると思います。

 

データが大量にあっても一瞬で目的の場所にジャンプできるため、メモとして使うのに重宝しています。

 

見出しの付け方

f:id:hamahiro881477:20201130065733p:plain

ホームタブの右側にスタイル箇所というがあり、その中に見出しを設定するボタンがあります。

このボタンを押すと、カーソルのある文に見出しが設定されます。

 

見出し1が大見出しで、以降見出し2, 3, 4と小見出しになっていきます。

ナビゲーション・ウィンドウも見出しサイズを認識して、少しずつインデントをずらして一覧表示してくれます。

 

見出しは見た目を整えるのにも便利

見出し機能は使ったことがない人も多いかもしれませんが、見た目を整えるのにとても便利な機能です。

デフォルトではどの見出しも似たような見た目のため、設定の変更を行いましょう。

 

f:id:hamahiro881477:20201130070520p:plain

見出しの見た目は見出しボタンを右クリック⇒変更で変えることができます。

文字サイズや文字色、太字、斜字、下線などの各種設定が可能です。

 

f:id:hamahiro881477:20201130070754p:plain

ちなみに私は、見出し1については文字サイズ大きめ、見出し2については斜字かつ下線付きにしています。

見出し設定をするとWord資料の作成も捗るので、一度お試しあれ。

 

普段ExcelばかりでWordに慣れてない方はこの本がオススメです。とても良い。