肌着は衣替えするより出しっ放しにしておこう

そろそろ暖かくなって衣替えの時期ですね。

しかし、衣替えって面倒くさいですよね。


衣替えしたばかりなのに、また寒くなると冬服が欲しくなりますし。

f:id:hamahiro881477:20190427080650p:image

肌着は衣替えしないで出しっ放しにしよう

いっその事、肌着の衣替えをやめてみる、というのが私からの提案です。

 

使わない肌着は端に寄せる

使わない肌着はハンガーラックの端にまとめればOKです。

 

肌着はさほど厚みが無いため、掛けっぱなしにしても邪魔になりません。

 

アウター類は嵩張るから仕舞う方が合理的

反対にアウターや肌着の上に羽織るものは仕舞います。

 

存分なスペースがあるなら話は別ですが、基本的にこれらは衣替えした方が良いと思います。

 

出しっ放しの4つのメリット

①衣替えで畳む手間を省略

肌着はあまり嵩張りませんが、枚数が多いから畳むのは大変です。

 

衣替えの度にかかる手間を一気に削減できます。

 

②出しておけば捨て忘れない

よく使う肌着はヨレヨレになるのが早いですよね。

仕舞ってしまうと、ついつい来シーズンも着てしまいます。

 

出しっ放しにしておけば、ざっとハンガーラックを見渡すだけでダメな肌着が見つかります。

 

③肌着の買い過ぎを防止できる

肌着って安い事もあって、ついつい増やしがちです。
(もしかして私だけ?)

 

これもハンガーラックに全て掛けておけば、多いか少ないかパッと見で判断出来ます。

 

やって見ると分かるのですが、見渡せるかどうかってのは大きな違いがあります。

 

④風邪予防になる

せっかく衣替えしたのに、急に寒くなって風邪を引いてしまう事ってありますよね。

 

そんな時もヒートテックなどに切り替えるだけで、だいぶ違ってきます。

出しっ放しの特権みたいなものです。

 

まとめ

  • 肌着は出しっ放しでも嵩張らない
  • アウターは衣替えした方が良い
  • 手間の削減以外のメリットにも着目しよう

 

クローゼットが無いという人、これを使えば押入れがクローゼットに早変わりします。

 

私は2番目の方を使ってます。