【凡ミス対策】役務は費用計上のタイミングが商品売買とは違う

f:id:hamahiro881477:20191016121949p:image

第1問(仕訳問題)で役務の仕訳を間違えちゃった

 

役務提供って簡単だけど、練習問題を解くとなぜか間違えません?

 

このミスの原因、費用計上のタイミングが商品売買と違うのが理由かもしれません。

 

ちなみに私は、タイミングの違いに気付いてからミスが無くなりました

 

今回は、このタイミングの違いについて、解説したいと思います。

 

役務は費用計上のタイミングが遅い

役務のために費用を使った場合は、一旦仕掛品にします。

 

人件費(給料)と交通費が役務のために使われた場合は次のように仕訳します。

(給料と交通費は支払済みとする)

 

借方 貸方
仕掛品100,000

給料80,000

旅費交通費20,000

 

そして、役務(サービス)の提供によって収益を得た時に次の仕訳を書きます。

借方 貸方
現金150,000 役務収益150,000
役務原価100,000 仕掛品100,000

 

役務収益を計上し、先程の仕掛品を役務原価に振り替えます。

 

つまり、役務で利益を得るまでは原価計上してはいけない、という訳です。

 

商品売買と比較してみると

先程の役務を、商品売買の場合と比較してみます。

 

まずは、売買のために仕入れをした時は、次のような仕訳を書きます。

借方 貸方
仕入100,000 現金100,000

 

仕入は費用の勘定項目のため、商品を購入した時点で費用が計上されています。

 

この仕入れ品を販売した時の仕訳は次のようになります。

借方 貸方
現金150,000 売上150,000

 

これで、仕訳は以上です。

 

仕入れたタイミングで費用計上するため、役務と比べて仕訳がシンプルになっています。

 

収益と同時に費用計上と覚えよう

役務については、商品売買と比べて費用計上のタイミングが遅くなります。

 

そして、費用計上は収益計上と同時に行う、と覚えておきましょう。

 

役務収益が出たタイミングで、初めて役務原価を計上します。

 

それまでに使った人件費などは、仕掛品として計上しておきましょう。

 

これを覚えておけば、役務の仕訳で凡ミスする事は無くなると思います。

 

まとめ

  1. 役務は費用計上のタイミングが遅い
  2. 費用計上までは仕掛品にしておく
  3. 役務収益とセットで役務原価を計上する

 

簿記の学習は、かわいい犬のイラストで学べるパブロフ流がオススメです。

簿記教科書 パブロフ流でみんな合格 日商簿記2級 商業簿記 テキスト&問題集 第5版

簿記教科書 パブロフ流でみんな合格 日商簿記2級 商業簿記 テキスト&問題集 第5版

 

 

こちらの記事も合わせてどうぞ。