【シュラッター図】間接費差異を解くための4ステップを整理

シュラッター図を使う問題、よく間違えちゃう

 

なんでだろね。シュラッター図は覚えたけど、練習問題を解こうとすると間違える

 

これ↑かつての私です

 

シュラッター図の形はシンプルなので、覚えるのは簡単です。

 

しかし、間接費差異の問題文には色々な数値が書かれているので、必要な数値を抜き出して計算するのは意外と難しかったりします。

 

そこで、シュラッター図を用いる問題の典型的な解き方を整理しました。

 

解き方の手順を理解していれば、迷うことなく問題文から必要な数値を抜き出せます。

 

間接費差異を求める問題はワンパターンなので、解き方の手順さえ整理しておけば簡単に解く事ができます。

 

それでは、シュラッター図を用いて間接費差異を求める4ステップについて学びましょう。

 

①シュラッター図を描く

f:id:hamahiro881477:20191105194159j:image

まずは、上のシュラッター図を描きましょう。

 

操業度(時間)は、ひじきで覚えておきましょう。

 

  • ひ:標準操業度
  • じ:実際操業度
  • き:基準操業度

 

斜めの線は、時間あたりの変動費率と固定費率を決めています。

 

変動費率と固定費率は共に基準操業度を元に決まるため、斜めの線の終端は基準操業度(き)です。

 

②標準操業度を求める

実際操業度と基準操業度は問題文に書かれるのですが、標準操業度は書かれてない時があります。

 

その場合、生産データが与えられているので、下の表を書いて今月の投入量を調べましょう。

f:id:hamahiro881477:20191107173816j:image

 

加工進捗度が与えられている場合は、これも考慮した数字にして下さい。

(大抵の問題では、製造間接費は直接労務費の時間に比例すると書いてある)

 

今月の投入量が分かれば、あとは標準原価カードに書かれている間接費の時間を掛け合わせれば完了です。

 

標準操業度=投入量×標準原価カードの間接費の時間

 

③固定費率と変動費率を求める

次にシュラッター図の下側の傾き「固定費率」を求めます。

 

固定費率は固定費予算と基準操業度を用いて計算します。

 

固定費予算が1年間あたりの場合は、12で割って月あたりにしましょう。


固定費率=固定費予算÷基準操業度

 

固定費予算が400万円、基準操業度が2,500円だとすると固定費率は@1,600円となります。

4,000,000円÷2,500時間=@1,600円

 

変動費率については引き算で求めます。

標準原価カードに書かれている、製造間接費の標準配布率から固定費率を引きます。


変動費率=標準配布率−固定費率

 

標準配布率が@2,300円の場合、変動費率は@700円となります。
@2,300円−@1,600円=@700円

 

④各種差異を計算

ここまで準備が出来たら、後は各種差異を計算するだけです。

 

能率差異・操業度差異を計算

この2つの差異を計算する時、次の事を覚えておいて下さい。

 

計算式に操業度の引き算があるのですが、シュラッター図に書かれた操業度の左から右を引く事です。

 

具体的には、次の2つです。

  • 標準操業度(ひ)−実際操業度(じ)
  • 実際操業度(じ)−基準操業度(き)

 

そして、能率差異と操業度差異の計算式は次のようになります。

 

能率差異(固定)=固定費率×(標準操業度−実際操業度)

能率差異(変動)=変動費率×(標準操業度−実際操業度)

操業度差異=固定費率×(実際操業度−基準操業度)

 

この計算値がマイナスの場合は不利差異、プラスの場合は有利差異となります。

 

予算差異を計算

f:id:hamahiro881477:20191105194218j:image

予算差異は上の図のように、基準固定費を使います。

 

問題文の値を見てもいいですし、固定費率×基準操業度で計算してもOKです。

 

そして、予算差異は次の式で計算できます。


予算差異=基準固定費−変動費率×実際時間−実際製造間接費

 

これもまた、マイナスならば不利差異、プラスならば有利差異となります。

 

まとめ

  1. 間接費差異は問題文から必要な数値を選ぶのが難しい
  2. 4つのステップに分けて解き方を覚えればミスが減らせる

 

きちんと理解しながら学習するなら、資格スクールに通うのをオススメします。

資格の大原


こちらの記事も合わせてどうぞ。