朝のゴミ捨てを減らすテクニック5選

朝のゴミ捨てって大変ですよね

 

重い袋を運ぶのしんどいですし、出勤時間が遅いとゴミ収集の時間に間に合いません。

 

こんな面倒な朝のゴミ捨て。
ゼロとまでは言いませんが、ゴミ捨て回数を減らすテクニックを紹介したいと思います。

 

ポイントは指定日以外のところでゴミを処分してしまう事です。

 

この記事はこんな人に向けて書いています。

  • 朝のゴミ捨てが嫌い
  • ゴミが重くて大変
  • 夜勤で朝に捨てられない

 

①資源ゴミはスーパーのがラク

資源ゴミは普段使うスーパーで捨てるのがラクです。

 

これなら買い物ついでに捨てるだけなので、朝早く起きて捨てる必要はありません。

 

ペットボトルやアルミ缶だけでなく、他にもスーパーで回収できるものが無いか調べてみましょう。

 

よく回収しているもの

  • ペットボトル
  • アルミ缶
  • トレー
  • 牛乳パック
  • 卵パック

 

②紙ゴミも捨てずに資源にしてしまう

紙を可燃ゴミで出してませんか?

 

紙を資源ゴミにすると、燃えるゴミの量は格段に少なくなります。

 

これをやり始めてから燃えるゴミが軽くなって驚きました

 

自治体の資源ゴミに出しても良いのですが、それだと朝に出す事になります。

 

紙ゴミは業者や回収している店があるので、そこで処分するのがオススメです。

私はウエルシアに持っていっています。

 

③リサイクルショップでお金に換えよう

ゴミはゴミでも、売れそうなものは売ってしまいましょう。

 

細々したものでも、リユースショップに持っていけば買取りしてくれます。

 

持っていくのが面倒という方は、ネット買取りサービスを利用すると便利です。

ネットオフの宅配買取サービス

 

④粗大ゴミはゴミ処理場に持ち込む

粗大ゴミを捨てるのって面倒ですよね。

 

  1. 専用のシールを買ってきて、
  2. 役所に電話して
  3. 頼んだ日に外に出す

必要があります。

 

市町村に寄りますが、ゴミ処理場まで行けばそのまま粗大ゴミを処分してくれます。

 

役所の方の負担も減りますし、車を所有する方にはオススメです。

 

⑤そもそも家に持ち込まない

最後はこれに限ります。

 

  • ビニール袋を貰わない
  • 包装はお店で廃棄してもらう
  • 要るか微妙なモノは買わない

 

これは結構、手間や準備が必要ですが、うまく回り出すと一気にゴミ捨てがラクになります。

 

挫折しないように少しずつ進める事をオススメします。

 

まとめ

  • 指定日以外でゴミを捨てるのがポイント
  • 資源ゴミはスーパーで捨てる
  • 廃棄するより売却やリサイクルする
  • そもそも受け取らないのがベスト