プロスペクト理論に従うと3倍になる株しか買ってはいけない

ツイッターで紹介されていたファスト&スローを読んでみました

 

速い思考・遅い思考について書かれている本なのですが、途中からプロスペクト理論が出てきて驚きました。

 

読み始めてから知ったのですが、著者はプロスペクト理論ノーベル経済学賞を取ったダニエル・カールマンでした。

 

この方は元々心理学が専門なのですが、人間の選択について調査していく中で、人間は経済学が前提とするような合理的な選択ができない事を明らかにしていきます。

 

これが行動経済学という新たな学問を作り、その中のプロスペクト理論ノーベル経済学賞を取ったという訳です。

 

さて、投資をしている方なら一度はプロスペクト理論という言葉を聞いた事があるかと思います。

 

しかし、それをどう活かすかは知らないのではないでしょうか?

 

今回は、プロスペクト理論を前提にすると3倍になる株しか買えない、という理屈を説明しようと思います。

プロスペクト理論とは

プロスペクト理論(プロスペクトりろん、英: Prospect theory)は、不確実性下における意思決定モデルの一つ。選択の結果得られる利益もしくは被る損害および、それら確率が既知の状況下において、人がどのような選択をするか記述するモデルである。
参照:プロスペクト理論 - Wikipedia

 

プロスペクト理論は利益と損失とその起こる確率が分かっている時に、人がどのように行動するか理論的に捉えたものです。

 

損失回避性について覚えておこう

プロスペクト理論の中で覚えておきたいのは、人間は利益を得るよりも損失を回避しようとする事です。

 

例えば、コインを使った賭け事をするとします。

表が出たら11万円貰えて、裏が出たらあなたは10万円払います。

 

こんな賭けを持ちかけられたら、あなたはやりますか?

じゃあ、11万円が12万円ならどうです?

 

この賭け、ためらいますよね

期待値を考えると1万円のプラスなので、合理的に考えるとやるべきです。

 

ですが、人間は損失の可能性があると合理的には判断できません。
これぐらいの期待値では賭けに乗れない訳です。

 

感覚的ですが、表なら20万円ぐらい貰えないとやろうとは思わないですよね。

 

ちなみにダニエル・カールマンの調査によると、損失に対して利益が1.5〜2.5倍無いと賭けに乗ろうとしないそうです。

 

おおよそ損失の2倍の利益が見込めないと行動できない訳です。

 

そして、この内容を整理すると次のグラフが生まれます。

f:id:hamahiro881477:20190615071350j:image

横軸が損失と利益を表していて、縦軸はその心理的価値を表しています。

 

このグラフには先ほどの2倍の関係も盛り込まれていて、心理的価値は利益より損失のが大きくなるように描かれています。

 

他にも、損失と利益の境で心理的価値が大きく変化しているのが見て取れます。

 

保有資産が含み損から含み益になりそうな瞬間ってとても気になりませんか?
このグラフは、心理的価値が大きく変わるのを如実に表している訳です。

 

塩漬けや、サンクコストについてもこのグラフで説明できます。

こちらの記事を参照下さい。

 

損失1に対して利益は2以上必要

先ほどはコイントスを例に説明しましたが、これを株式投資に置き換えても同じです。

 

株式はボラティリティが大きいため、世界的な暴落が起こると、あっという間に50%ぐらいの損失となる事があります。

 

自己資本比率の低い企業だと、最悪倒産の可能性もあるでしょう。

つまり、損失の最大値は元本の100%です。

 

プロスペクト理論に従うと最大損失が100%ならば、利益は2倍の200%が必要となります。
プラス200%なので株価的には3倍です。

 

インデックスファンドなどなら、最大損失は50%程度だと思うので、2倍ぐらいのリターンを狙う必要があります。

 

このように、リスクの大きい資産を持つのならば、精神衛生を保つ為にはリターンを大きく見込む必要があります。

 

リターンが見込めないのなら、無理してリスク資産を買うのをやめたり、ポートフォリオに債券やMMFなどを加える事をオススメします。

 

まとめ

  • プロスペクト理論は人間の選択を理論化したもの
  • 人間は損失を回避しようとする
  • 損失1に対して利益2が目安

 

ファスト&スローはかなり読みにくいのですが、それでも一度読むと日常と統計がリンクして面白いですよ。

 

 

あと、個人的にこの本も読んでみたい。