ニッセイ外国株式インデックスファンドの信託報酬がさらに安くなる!

国際分散投資家の皆様、朗報です

ニッセイのインデックスファンドの信託報酬が6月27日からさらに下がります。

 

ニッセイとeMAXIS Slimシリーズの信託報酬の引き下げ競争はデッドヒートが絶えません。

信託報酬が下がるのは6ファンド

  • <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
  • <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国債券インデックスファンド
  • <購入・換金手数料なし>ニッセイ国内債券インデックスファンド
  • <購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド
  • <購入・換金手数料なし>ニッセイ日経平均インデックスファンド
  • <購入・換金手数料なし>ニッセイインデックスバランスファンド(4資産均等型)

 

信託報酬の改定対象は上記6ファンドです。

そして、信託報酬のビフォーアフターはこちら。(税抜き表示)

 

ファンド 信託報酬(現在) 信託報酬(改定後)
外国株式 0.1090%

0.0999%

国債 0.170% 0.140%
国内債券 0.139% 0.120%
TOPIX 0.159% 0.140%
日経平均 0.159% 0.140%
4資産バランス 0.159% 0.140%


出典:ニッセイAMが<購入・換金手数料なし>シリーズ6ファンドの信託報酬率を引き下げへ

 

なんと、ニッセイ外国株式の信託報酬が0.1%を切っています。

 

控えめに言っても最高です

先進国株式をeMAXIS Slimシリーズと比較

信託報酬の引き下げ合戦をやっている、eMAXIS Slimと先進国株式を比較してみましょう。

 

ファンド 信託報酬
ニッセイ外国株式 0.0999%
eMAXIS Slim先進国株式 0.109%

 

改訂前はどちらも0.109%であったため、ニッセイ外国株式の方がお安くなっています。

 

先進国株式はニッセイとeMAXIS Slimのどちらが良いのか

f:id:hamahiro881477:20190526093021p:image

今回の改定でニッセイの方が信託報酬が安くなりますが、信託報酬は引き下げ競争をしているので、最終的にどちらが安くなるか分かりません。

 

以前はeMAXIS Slimは純資産総額が少なくて実質コストが高くなっていましたが、今は純資産総額400億円を超えています。

 

eMAXIS Slimへの不信感

とはいえ、eMAXIS Slimを手掛ける三菱UFJには不信感があります。

 

eMAXIS Slimシリーズのマザーファンドは元からあるeMAXISシリーズです。

 

Slimの信託報酬は破格の安さとしたのに、元のeMAXISの信託報酬は高いままとなっています。

 

要するにeMAXISシリーズを購入した人からは高い信託報酬を取り続けている訳です。
これはeMAXISを購入した人への裏切り行為に他なりません。

 

その為、私はニッセイ外国株式インデックスファンドを買い続けるつもりです。

 

合わせて読みたい関連記事