インデックス投資によるセミリタイア論

私は元々、個別株やREITへの投資をしていたのですが、2018年10月からインデックス投資を始めています。

 

インデックス投資を始めたところ、個別株投資をしていた頃と比べて、大きく時間に余裕がある事に気付きました。

 

なぜ時間があるのかと、リターンの低いインデックス投資セミリタイアする方法論について書きたいと思います。

 

インデックス投資家には時間がある

個別株投資からインデックス投資に切り替えた事で時間が生まれました。

 

では、これまでどのような事に時間を費やしていたかというと、以下のようになります。

 

 

この中でも株価チェックに費やしていた時間は大きいです。

監視銘柄が割安かどうかを毎日確認していました。

 

また、株式を購入する時は、安く購入するために指値の変更をよくしています。

 

投資信託での購入では、そもそも指値ができないため、ノーストレスで注文ができています。

 

インデックスかつ個別株は非推奨

ここまで個別株投資には時間がかかる事を書いてきました。

 

個別株投資でうまくいった場合と比較すると、インデックス投資のリターンは限定的です。

 

しかし、代わりに時間に大きな余裕を持つ事が出来ます。
これが最大のメリットです。

 

そのため、インデックス投資をしていて、サテライト的に個別株投資をするのは非推奨です。

 

少額だとしても企業分析等で、折角の時間を失ってしまいます。

 

インデックス投資をするならば、プラスアルファを狙う事はせず、代わりに時間を有効活用するのが大事だと考えます。

 

インデックス投資セミリタイアする方法

リターンの限定的なインデックス投資ですが、中にはセミリタイアを果たしている人はいます。

 

そういった人を見ると、時間を有効活用する事で資産を増やしています。

 

例として以下の4つが挙げられます。

  1. 給与収入
  2. 節約
  3. 節税
  4. お得な情報入手

 

特に節約で、資産を増加させている人が多いように感じます。

 

また、時間を使って情報収集し、節税する人が多いと思います。
お得な情報については、ポイント絡みが多いです。

 

税金や社会保険の知識は重要

特に税金関係に詳しい事は重要です。
節税もありますが、それ以上にセミリタイアした後の税金を正確に計算出来る事が重要です。

 

セミリタイアすると税金は激減します。
しかし、社会保険については減るものの毎年大きな出費となります。

 

社会保険でも年金については、全額や半額免除などを受ける事が出来ます。

 

生活費(税金)がいくらかかるか分からない、ではセミリタイアできるかどうか判断する事すら出来ません。

 

税金に詳しくなる事で、セミリタイアのハードルはぐっと低くなります。

 

現に、インデックス投資セミリタイアした人は税務に詳しい人が多く、5千万円程度でセミリタイアに踏み切っています。

 

これは、税金の支払い額を把握できるので、生活費の予測が立てられるからだと思います。

 

インデックス投資家でセミリタイアを目指す方は税金に関して学ぶ事をオススメします。

 

まとめ

 

税金に関して知りたいけど、何から学んで良いか分からない人は、この本がオススメです。

早わかり! 知れば知るほど得する税金の本 (知的生きかた文庫)

早わかり! 知れば知るほど得する税金の本 (知的生きかた文庫)