招き猫ファイナンス

国立院卒の理系君が金融について語ります。簿記2級ホルダー

はじめましての人へ(サイト紹介)
ツイッター→ 招き猫ファイナンス

正直不動産のオススメ記事3つを紹介

正直不動産を知っていますか?

 

正直不動産は、嘘を吐かなくなった不動産営業マンを主役としたマンガです。

小学館ビッグコミックにて連載中

 

主人公はある事がきっかけで嘘が吐けなくなり、代わりに正直な営業でトップ営業マンを目指します。

 

この正直キャラを使って、不動産業界の闇、グレーゾーンを暴いてやろうという痛快なマンガです。

 

そして、そんな正直な内容は、不動産初心者にはとても勉強になります。

 

正直不動産、読んでみてね。

正直不動産1-8巻セット

 

気になる人は、正直不動産のレビュー記事を読んでみてくださいね。

 

この不動産漫画は面白くて勉強になる(正直不動産)

正直不動産ってどんなマンガ?

そんな人にはまずはこれ。

 

嘘を吐けない主人公とは、どういう事なのか分かります。

 

他にも、建築条件付土地と再建築不可について少しだけ学べます。

 

再建築不可物件の回は見ものです。

都会に住んでいる人には、結構身近な話なのかもしれません。

 

【正直不動産】7巻は不動産業者が困る内容。騙されたくない人は読もう(三為業者)

7巻からは次の3つのテーマをピックアップしています。

 

  1. 三為業者
  2. 公簿売買
  3. 既存不適格

 

7巻は全体的に玄人向けの内容です。

三為業者の回では、話題となったスルガスキームの話も出てきます。

 

既存不適格については、私も正直不動産で初めて知りました。

 

なかなか興味深く、面白いですよ。

 

賃貸仲介手数料の上限値を知っていますか?(正直不動産8巻)

8巻からは賃貸仲介手数料の上限値について取り上げました。

 

仲介手数料は家賃1ヶ月分、のホントについて詳しく踏み込んでいます。

 

この仲介手数料に関する訴訟で、つい最近東急リバブルが敗訴する事例がありました。

 

この訴訟内容と焦点についても、合わせて紹介しております。

<投資ブログの紹介サイトです>

上位表示されるので「Web Site」の応援クリックお願いします。