金融庁「年金とは別に2000万円貯蓄する必要がある」

f:id:hamahiro881477:20190604222507j:image
6月3日に金融庁の金融審議会から出された報告書が各種メディアで報道されています。

 

報告書の大筋としては、年金だけでは生活費は不足するので自助努力により資産形成しましょう、といった内容です。

 

ニュースでは自助の側面が強調されていますが、実際のところ年金だけで足りないのは明白です。

 

また、年金もマクロ経済スライドにより減額される可能性もあります。

 

「年金が減るのか!」と批判するのは自由ですが、この報告書は人生設計をする上で良い教科書になる存在です。

 

ニュース記事の煽り文に感情的になるのでなく、一度マネーライフプランについて考えてみてはいかがでしょう。

金融庁が伝えたい事

老後資金は年金とは別に2000万円必要

f:id:hamahiro881477:20190604222624j:image

出典:金融審議会「市場ワーキング・グループ」報告書の公表について:金融庁

上の図は年金受給者の収入と支出の平均値をグラフ化したものになります。

  • 平均収入:20.9万円/月
  • 平均支出:26.4万円/月

 

収支は毎月5.5万円の赤字で、年換算すると66万円です。

 

これが65歳〜85歳の20年間だと1320万円。

65歳〜95歳までの30年間だと1980万円となります。

 

金融庁の報告書で2000万円の貯蓄が必要と述べているのはこの計算から求めたものです。

 

私もマネーライフプランを作成しているのですが、これぐらいの金額を想定しています。

 

人生を3つの時期に分けて考える

この部分は是非とも原文を読んで欲しいので、少し長めに引用します。

 

お金について考える時、資産形成期も重要なのですが、リタイヤ後や高齢期の想定も同じぐらい重要です。

 

なぜなら、リタイヤ後や高齢期となると判断力や行動力が大きく低下するので、予め決めておくのが良いからです。

 

金融庁の報告書では、現役期・リタイヤ期前後・高齢期の3つのフェーズに分けてどう過ごすと良いか指南しています。


現役期

長寿化に対応し、長期・積立・分散投資など、少額からでも資産形成の行動を起こす時期であり、例えば、以下のような対応が有効と考えられる。

・「人生 100 年時代」においてこれまでよりも長く生きる人が多いこと を前提に、老後の生活も満足できるものとなるよう、早い時期からの 資産形成の有効性を認識する。

・生活資金やいざというときに備えた資金については元本の保証されて いる預貯金等により確保しつつ、将来に向けて少額からでも長期・積 立・分散投資による資産形成を行う。

・自らにふさわしいライフプラン・マネープランを検討する(必要に応じ、信頼できるアドバイザー等を見つけて相談する)。

・金融サービス提供者が顧客側の利益を重視しているかという観点から、 長期的に取引できる提供者を選ぶ。

 

リタイヤ期前後

リタイヤ期以降の人生も長期化していることに対応し、金融資産の目減
りの抑制や計画的な資産の取崩しに向けて行動する時期である。人によっ て、退職金などの多額のお金が入ったり、働き方に変化が生じることが想定されるため、これらを受けた対応が必要と考えられる。
・退職金がある場合、早期の情報収集と使途の検討及び退職金を踏まえ たライフプラン・マネープランを再検討する。
・必要に応じ、収支の改善策を実行する。
・長い人生を見据えた、中長期的な資産運用の継続(長期・積立・分散
投資等)とその後の計画的な取崩しを実行する。

 

高齢期

資産の計画的な取崩しを実行するとともに、認知・判断能力の低下や喪
失に備えて行動する時期であり、心身の衰えに関わらず金融サービスを引き続き享受するために、事前の準備や対応が必要と考えられる。
・心身の衰えを見据えてマネープランを見直す(医療費、老人ホーム入
居費等)。
・認知・判断能力の低下や喪失に備え、取引関係の簡素化など心身の衰 えに応じた対応をしやすくする。また、金融面の本人意思を明確にし ておき、自ら行動できなくなったとしても、他者のサポートにより、 これまでと同様の金融サービスを利用しやすくしておく。

 

現役期に関しては、資産形成をしたり良いアドバイザーを見つけようという内容で分かりやすいと思います。

 

やはり、想定が難しいのはリタイヤ前後と高齢期だと思います。

 

リタイヤ前後に関しては、もう少し早いタイミングでマネーライフプランを作成しておくのが良いと思います。

 

作成するなら、こちらのサイトのエクセルが便利です。

材料はエクセル1枚のみ!ズボラな私が実践するライフプラン表の作り方

 

高齢期に関しては生前後見人を立てたり、親族とよく話し合うのが重要となります。

 

ちなみに、私は判断力が落ちたり認知症の危険性のある高齢期になる前に死にたいと考えています。

 

気になる方はこちらの記事をどうぞ。

 

資産運用方法(つみたてNISA・iDeCo)の制度が整った

資産形成するための制度として、つみたてNISAやiDeCoを紹介されています。

 

つみたてNISAやiDeCoが興味のある方はこちらの記事をどうぞ。

iDeCoに関しては自由度が低いので、人生設計をよく考えてから始めた方が良いと思っています。

 

まず何から始めたら良いか?

ここまで読んで、よしやってみようと思いましたか?

 

同時に何からやろう?と迷いませんでしたか。

 

まずは現状把握から始める事を推奨します。

資産運用や投資を始める前に、今の収入と支出を把握しましょう。

 

資産運用や投資は、収支をコントロールしてから行うのが鉄則です。

 

収支が分からなければ、資産運用に振り分けられる金額を決める事すら難しくなります。

 

マネーフォワードを使うと、自動的に収支が分かるようになります。

まずはここから始めてみて下さい。