やろまい

楽しいことと役に立つことを紹介します。プログラム書いたり、簿記を学んだり、資産運用も少し

はじめましての人へ(サイト紹介)
ツイッター→ 招き猫ファイナンス

新興国債券ETF(1566)の分配金推移とリスク要因(自国通貨建債券)を解説

新興国債券ETF(1566)の購入検討中ですか?

 

新興国債券ETFは、新興国国債分散投資するためのETFになります。

詳しくは下記の引用文参照

 

円換算したブルームバーグ・バークレイズ自国通貨建て新興市場国債・10%国キャップ・インデックスの変動率に一致させることをめざす上場投資信託ETF)です。

出典:1566 - 上場インデックスファンド新興国債券(上場新興国債) | ETF(上場投資信託)|日興アセットマネジメント

 

分配金が年6回あり、5%超えの利回りが魅力のETFです。

(2019年11月時点)

 

とはいえ、それに見合ったリスクもあります。

 

今回は新興国債券ETFのリスク要因と、過去の分配金推移について説明します。

 

リスク要因は自国通貨建

新興国債券ETFは自国通貨建債券です。

 

先に、自国通貨通貨建債券とは何かについて説明します。

 

自国通貨建債券とは何か?

債券には大きく次の2つがあります。

  1. ドル建て債券
  2. 自国通貨建債券

 

新興国であっても、多くの国は自分の国の通貨を持っています。

 

日本も円という自国通貨がありますね

 

その自国通貨の信用が低い場合、お金を貸す側としては自国通貨で返済して欲しくありません。

 

お金自体はきちんと返済されても、通貨価値が下がっていると大損するからです。

 

そのため、自国通貨の信用の低い国は自国通貨ではなく、ドルで返済する事を約束した国債を発行します。

 

これがドル建債券です

 

反対に自国通貨で返済されるものを、自国通貨建債券と呼びます。

 

自国通貨建債券のリスク

自国通貨建債券のリスクは為替です。

 

たとえ債券がきちんと返済されていたとしても、その国の通貨価値が下落するとその分リターンが下がります。

 

分配金が減りますし、債券自体の価値も下がります。

 

これが新興国債券ETFの大きなリスク要因です

 

平常時は良いのですが、リスクオフの時は新興国から資金が引き上げられるため、通貨安になる傾向があります。

 

分配金と利回り推移

ここからは、過去の利回りと分配金の推移の紹介です。

分配金は比較的安定しています。

 

価格と分配金利回り1566(価格+利回り)

上のグラフは、新興国債券ETF(1566)の価格と利回りの推移です。

 

分配金利回り自体は、4〜6%台を推移しており、平均値は5.5%でした。

 

利回りが5.5%以上の時が買い時になると思います。

 

分配金推移

1566(分配金)

分配金は500円で安定していたのですが、2018年に入ってから下落傾向です。

 

直近の分配金は420円であり、しばらくは400円付近が続くのではないかと予想しています。

 

今は利回り的に買い水準なのですが、今後の分配金推移が読みづらい、というのが正直なところです。

 

購入は手数料無料の証券会社がオススメ

新興国債券ETFは単価が5万円弱のため、1日10万円以下の手数料無料の証券会社がオススメです。


こちらの記事も合わせてどうぞ。