バイアンドホールド戦略は感情面への配慮が必要

f:id:hamahiro881477:20191115212050j:image

最近、インカムゲインを目的としてREITや債券を買い始めました

詳しくはこちら

収入を増やしてリアル資産にリスクテイクしたい(REIT・債券を購入) - 招き猫と金融の森

これと同時に、キャピタルゲインを目的とした投資をほぼやめてしまいました。

 

 

この2つの感覚を同時に持ちながら、株や債券を買うのは私には無理だと分かったからです。

 

同じ結論に至った人もいるのでは?

 

高くなったら売るのを我慢、というのは、慣れないと中々難しいものです。

 

とはいえ、それで売ってしまってはインカムゲイン狙いはできません。

 

これを解決するためには、自分の感情と資産運用の方向性を一致させておく事が重要です。

 

今回は、感情面に配慮して資産をバイアンドホールドする工夫について紹介します。

 

インカムゲインを重視する

まずはインカムゲインを得られる資産を保有するのが基本です。

 

分配金明細を受け取ってお金が入るのを見るのは嬉しいものです

 

次第に、ここで売ると分配金が入らなくなるなと無意識に思うようになります。

 

この感覚を持つようになると、値上がりしたとしても売らないでいられるようになります。

 

②持っているのがステータスになる

俺これを持っているんだと、友人に自慢できるような資産だと有利です。

 

人に自慢できる資産ならば、売るのはなかなか決心がつかないはずです。

 

私の場合、米国債券のETFを持っていて、これは投資を知らない人には自慢できるなと考えています。

 

③分配金が無い資産は突然の出費への備え

インカムゲイン狙いとなるとREITや株式、債券あたりがメインアセットになります。

 

しかし、ポートフォリオ全体のボラティリティを下げるためには、商品、金、外貨なども組み合わせるのが理想的です。

 

私も分配金の出ない資産を一部保有しています。

 

これらはインカムゲインが無いので売りたくなりますが、ポートフォリオボラティリティを下げるのにはやはり有効です。

 

お金が必要になった時に、高くなっていたら売るものと考えて保有しています。

 

分配金の出ない資産としては、ニッセイ外国株氏インデックスを積み立てています。

 

まとめ

  1. インカム狙いでは値上がりしたら売るのを我慢する必要がある
  2. バイアンドホールドするにはインカムゲインと人に自慢できる事が大事
  3. 分配金の無い資産は突然の出費への備え