(個別)株式投資はリスクよりも時間を失う方が怖い

個別株式へ投資をしていますか?
私はしていません。

 

個別株式を購入すると、すぐ落ち着かなくなって売却してしまうため、私はやめる事にしました。

 

良い企業を見つけると、少額で良いから買おうかと思うのですが、すぐに買わない事にしてしまいます。

 

というのも、個別株式の購入を検討すると、自由な時間が無くなってしまうからです。

とりあえずPER,PBR,配当利回りを見てしまう

まず各種投資指標を見て、株式が割安かどうかを確認してしまいます。

 

ヤフーファイナンスなど便利なアプリがあるため、ほとんど数秒で確認してしまいます。

 

株価推移や出来高なども、銘柄によっては確認します。

 

証券会社アプリで四季報に気になるコメントが書かれていないかもチェックします。

 

企業情報を調べ始めるとキリが無い

特に企業情報は調べ始めるとキリが無いです。

 

まずは、決算短信と業績進捗です。

四半期決算での過去の進捗を見たり、現在の進捗確認をしたり、企業の事業構成とその売上・利益ウェイトを見たりします。

 

次に企業HPを見て、成長性や安定性、株主還元の方針などをチェックします。

 

社長が変わっていた場合は、社長の経歴などを調べ始めるとキリが無いですね。

 

特に事業の先行きに懸念事項がある場合は、周辺情報を集めて推測する事があります。

 

これをやると情報をエクセルなどに整理するだけで、だいぶ時間を消費してしまいます。

 

神経質な人には向かない

別に調べなくても買えるから問題ない、という人も当然いるでしょう。

 

上記のように調べずにはいられないのは、私の性格に寄るところが大きいです。

 

神経質で、リスクを取るなら事前に調べずにはいられない、という方は個別株式よりもインデックス投資の方が向いていると思います。

 

個別株式は星の数ほどありますが、インデックスは指の数ほどで済みます。

 

調べる項目も景気の見通し程度なので、時間を掛けずに済むのが魅力です。

 

まとめ

  1. 個別株式への投資は調査に時間を取られる
  2. とりあえず株式指標を見てしまう
  3. ついつい業績を調べてしまう
  4. 神経質な人はインデックス投資のが向いている

 

時間よりもリスクの方が心配な方はこちらの記事をどうぞ。