資産運用が面倒な理由を公開(保有資産も公開)

今回は「資産運用が面倒になってきた」の続きを書きます。

 

この記事を読まれる方が多いので、面倒に感じる理由と現在の保有資産を公開しようと思います。

 

まだ読んでない方は、こちらからどうぞ。

資産運用が面倒になった理由

リスク資産の割合が少ない

資産運用が面倒に感じるのは、保有しているリスク資産の割合が少ないためです。

 

後半で保有資産の比率を出しますが、リスク資産はわずか12%です。
大半が現金です。

 

リスク資産の内訳に関しても、値動きの少ない債権とドル建てMMFのみです。

 

これなら、何もしなくてもいいやって思う方が自然ですよね。

 

時給を考えると何もしないのが正しい

リスク資産が少ないと、いくら資産運用に力を注いでも投資利益はタカが知れています。

 

10%のリターンを得たとしても、リスク資産が50万円では投資利益は5万円です。

 

資産運用に1日に1時間かけると1ヶ月で30時間。
時給換算すると、5万円/30時間で1666円です。

 

無理にリスクを背負って投資利益を狙いにいくより、会社に残って残業した方が利益が大きくなるかもしれません。

 

むしろマイナスになるかも

 

現在の保有資産

f:id:hamahiro881477:20190530180301p:image
現在の私の保有資産は上のグラフの通りです。

 

新興国債権ETF米国債ETFが全体の9%ほど。
ドル預金代わりのMMFが3%ほどです。
それから積み立てているニッセイ外国株式が1%

 

正直、これから株価は下がっていく局面だと思っているので、債権をメインに保有しています。

 

ニッセイ外国株式は毎月積み立てで、ここから半額になっても良い程度の金額に抑えています。

 

まとめ

  • リスク資産はわずか12%しかない
  • リスク資産は大半が債権とMMF
  • リスク資産が少ないので時間をかけると損

 

まだ読まれてない方は、こっちもどうぞ。