招き猫ファイナンス

国立院卒の理系君が金融について語ります。簿記2級ホルダー。数字に強い。企業の決算短信を年間200件読んでました

はじめましての人へ(サイト紹介)
ツイッター→ 招き猫ファイナンス

資産運用

【投資方針と保有資産公開】Bond・REIT購入法(2020年4月末時点)

私の投資方針と保有資産を公開します 保有資産は月1回公開していきます。 【投資方針】Bond・REIT購入法 REITを選ぶ理由 ①分配金で贅沢したいから ②株式のリターンに対する懐疑 保有リスク資産 資産運用 分配金実績(税引き後) 【投資方針】Bond・REIT購入…

コロナによる経済影響を全10業種に分けて考察

コロナウィルスで仕事に影響出ていますか? 今は大丈夫でも、これから影響が出てくるかもしれません。 取引先が業績不振に陥れば、そこから引き受けている仕事は激減します。 付き合いのある会社の業績は大事で、バブル崩壊やリーマンショックの時は、連鎖倒…

ヤフーファイナンスの株価通知機能を設定しよう(暴落時に便利)

あと100円下がったら買おう、でも指値注文は出したくないなぁ 暴落の時に買ったらすぐ含み損になっちゃうし ネット証券だと数週間単位の指値が出せるようになりました とはいえ、暴落の最中だと長期間の指値を出すのはためらいますよね。 欲しい株価になった…

コロナショックおじさんとは? 性別、心理、リーマンショックおじさんとの違いを徹底解説

君はリーマンショックおじさんを知っているかい? 2008年に起きたリーマンショックに直面。終わりの見えない経済崩壊に心を砕かれる。 アベノミクスが始まっても、当時の恐怖心からリスク資産を買う事もままならず、新参者に対して「リーマンショックの時は…

個別株式の保有リターンは最大15%が目安

株式投資によるリターンは年6〜8%程度と言われています。 これはアメリカにおいてインデックス投資をした場合の数値です。 個別株式へ投資した場合は、ここに各企業毎のリスクとリターンが乗っかってきます。 そのため、インデックスよりどれだけ多くのリタ…

コシダカは欲しいけれど、カーブスは要らない

スピンオフで話題になっているコシダカの企業分析をしました。 コシダカの主要事業は、まねきねこブランドのカラオケと30分フィットネスのカーブスです。 3月にカーブス事業がスピンオフされ、コシダカの保有者にはカーブス株が現物配当されます。 私もコシ…

【副業解禁】ブログが儲からないので株式投資を再開しました

ブログ、全然儲かりません 収益はせいぜい月1000円程度。 はてなブログとドメイン代になるかならないかといったところ。 下手したら赤字になるかもしれないレベルです。 そんなわけでブログは副業にはならないなと諦めました。 代わりに、株式投資を再開しま…

信用取引金利0.9%の東海東京証券について調べてみた

東海東京証券は信用取引金利が0.9%と破格の安さを誇っています。 とはいえ信用取引では、金利以外にも3つの手数料がかかってくるので注意が必要です。 トータルでの手数料を把握するためには、金利を含めた全4種類の手数料を確認する必要があります。 東海東…

PFFの構成銘柄492種類について調べてみた(優先株式&インカム証券ETF)

PFF、高配当に興味のある方なら一度は聞いた事があるんじゃないでしょうか? PFFは優先株式をまとめたETFになります。 優先株式は議決権が無い代わりに配当金が高いため、PFFも高い分配金の得られるETFとなっています。 PFFは金融銘柄が多い為に、景気後退期…

一般NISAはなぜ短期売買に使われるのか? その理由2つを解説!

2024年からNISAが刷新される事が公表されました(20年度税制改正大綱) NISAを2階建に分けて、積立NISAをした人のみNISAを使える仕組みに変更されるようです。 1階部分:積立NISA(20万円) 2階部分:一般NISA(102万円) この変更の理由ですが、一般NISAが…

人間性を保ちながら資産運用を続ける方法

資産運用にストレスを感じていませんか? 私は、それはそれは感じていました。 株を買ったら買値が気になり、その日の終値が気になり。 決算を読み込んで、ツイッターの評判を見たり。 資産運用のために精神を消耗する生活というのは、とてもじゃないけれど…

NYダウとは? ダウ4種類とアメリカの主要指標について分かりやすく解説

ダウが4種類あるって知ってますか? NYダウって言葉はよく聞くと思いますが、これはダウ工業株30種平均の事です。 日経平均の225銘柄と比べて、たった30銘柄で決まってしまう指標なのです。 今回は、4種類のダウ平均株価とその他の主要指数について解説しま…

新興国債券ETF(1566)の分配金推移とリスク要因(自国通貨建債券)を解説

新興国債券ETF(1566)の購入検討中ですか? 新興国債券ETFは、新興国の国債に分散投資するためのETFになります。 詳しくは下記の引用文参照 円換算したブルームバーグ・バークレイズ自国通貨建て新興市場国債・10%国キャップ・インデックスの変動率に一致…

リーマンショック前後で東証REIT指数と利回りはどう変わったか(インカムゲイン)

J-REITに投資していますか? J-REITはインカムゲインの得られる資産なので、一度購入したら売りたくないですよね。 だからこそ、底値で買いたい。 安値で買って売らずに済みたい、となるのではないでしょうか。 そこでREITの底値はいくらなのか考えるために…

【為替スプレッド注意】DMM株が米国株式手数料を完全無料化

DMM株が米国株式手数料の完全無料化を発表しました 12月9日約定分から手数料が無料となります。 気を付けて欲しいのは、取引手数料は無料ですが、為替スプレッド(手数料)は従来通りかかる事です。 米国株式を売買するためには円をドルに替える必要がありま…

サンクコストはプロスペクト理論のグラフで理解しよう

サンクコストって知ってますか? 資産運用、特に株式投資をしている人には耳慣れた言葉かもしれません。 とはいえ、ロスカットできず塩漬けしてしまうのは、サンクコストのせいだ。サンクコストに囚われず、ロスカットしよう。 こんな理解ではないでしょうか…

プロスペクト理論に従うと株価3倍になる株しか買ってはいけない

プロスペクト理論って聞いた事がありますか? 投資をしている方なら一度は聞いた事のある言葉ではないでしょうか。 一応、意味は知ってるけどなぁ 意味は知っていてもそれを十分に活かせていますか? 今回は、プロスペクト理論をどのように投資に活かせば良…

個別株を買うとマクロ経済が見えなくなる

個別株、買っていますか? ↓の記事でも書いたように、私は買わないようにしています。 ↑の記事では個別株を買うと時間が無くなる事について書きました。 これとは別に、個別株を見ているとマクロ的な経済状況を無視してしまう事に気付きました。 今回は、個…

バイアンドホールド戦略は感情面への配慮が必要

最近、インカムゲインを目的としてREITや債券を買い始めました 詳しくはこちら 収入を増やしてリアル資産にリスクテイクしたい(REIT・債券を購入) - 招き猫と金融の森 これと同時に、キャピタルゲインを目的とした投資をほぼやめてしまいました。 インカム…

個別株式を積立投資する方法を紹介

個別株式も積立投資ができる事知ってますか? 投資信託の積立投資はメジャーですが、個別株式の積立投資はあまり馴染みが無いかと思います。 昔から、るいとう(株式累積投資)という名称で積立投資があります。 この、るいとう(株式累積投資)のできる証券…

【真似るな危険】SBIネオモバイル証券と楽天銀行の配当金受取プログラムを組み合わせる

※手数料の消費税を10%に変更しました(10月25日) ※一時停止のやり方を追加しました(12月23日) SBIネオモバイル証券は4月10日からサービスを開始した新規の証券会社です とはいえ、SBI証券とCCC(カルチュアコンビニエンスクラブ)の合弁会社のため、証券…

自尊心が低いとセミリタイア(独立)は難しい

十分な資産もできたし、もう会社辞めようかな この人、いつも辞める辞める言ってるけど、全然辞めないじゃないか セミリタイアを目指すブロガーを見ると、資産的には十分なのに、一向に会社を辞めない人がいます。 辞める辞める詐欺です 前々から、一向に辞…

早く贅沢したいならインカムゲイン狙いが向いている

利益は出ているけれどお金を使う気になれない 最近の目下の悩みです。 ちょっとした投機でキャピタルゲインを得たのですが、なかなか浪費に振り向けようという気持ちになれません。 投資の利益で贅沢したら資産が増えないでしょ こうした指摘は尤もです。 し…

なぜZOZOの株価はヤフーのTOB価格にならないのか

ヤフーがZOZOを買収すると表明しました。 ZOZOの前澤社長も合わせて退任を表明しています ヤフーのTOB(株式公開買付)はZOZOとしても同意していて、前澤社長は株式を売却する意向です。 ZOZOのTOB価格はすでに公表されていて、1株2620円となります。 しかし…

長期継続保有優待を少ない資金で取得する方法(SBIネオモバイル証券)

最近、長期継続保有優待を実施する企業が増えてきました。 長期継続保有優待では、長期的に保有すると次第に優待内容がグレードアップしていきます。 これは企業が安定株主が欲しいためです。 企業としては安定株主が欲しいのですが、優待狙いのクロス取引さ…

STREAMは取引手数料無料。無料の理由を紹介します(スマートプラス)

取引手数料無料の証券会社があるってホント? 調べてみたらホントにありました スマートプラスという会社の運営する ストリーム(STREAM)です。 手数料無料でどうやって運営するんだ?そんな疑問が浮かびますよね。 STREAMでは、これまでとは違ったところで…

インデックス投資によるセミリタイア論

私は元々、個別株やREITへの投資をしていたのですが、2018年10月からインデックス投資を始めています。 インデックス投資を始めたところ、個別株投資をしていた頃と比べて、大きく時間に余裕がある事に気付きました。 なぜ時間があるのかと、リターンの低い…

少額からできる資産運用方法3つを紹介(初心者向け)

今回は5万円程度を目安とした少額からできる資産運用方法を紹介したいと思います。 いきなり大金を使って資産運用するのは考えものですからね。 個人的には、資産運用に回して良いのは1年働けば貯められる金額までだと考えています。 リスク許容度は資産割合…

暴落が来たらスポット購入がおすすめ。タイミングよく買うテクニックを紹介

スポット購入という言葉を知っていますか? あまり聞きなれない人も多いかと思います。 積立投資をしている人には耳慣れた言葉かもしれません。 スポットとは積立の対義語のようなもので、積立とは関係なく任意のタイミングで購入する事です。 普段は積立投…

優勝賞金100万円!大和投信のiFreeダービーに参加しよう

大和投信が驚きのプレスリリースを出しました iFreeタッチという投資体験体験アプリの発表と共に、アプリ内で資産増加率を競うダービーを企画。 なんと、その優勝賞金が100万円なのです! iFreeタッチ自体も仮想のお金を使う投資シミュレーションなので、リ…

<投資ブログの紹介サイトです>

上位表示されるので「Web Site」の応援クリックお願いします。