やろまい

楽しいことと役に立つことを紹介します。プログラム書いたり、簿記を学んだり、資産運用も少し

はじめましての人へ(サイト紹介)
ツイッター→ 招き猫ファイナンス

資産運用

ETFをメインに資産運用しています。10万円以下の優待株も買っています。

【隠れ優待】ダイトウボウの隠れ優待が貰えるのか試してみる

何やら噂を聞きました。 ダイトウボウには隠れ優待があるという噂を。 やろまいはその真相を確かめるべくAmazonの奥地へと向かった… ダイトウボウの隠れ優待はクオカード? ダイトウボウは通常の株主優待とは別に隠れ優待があるようなのです。 隠れ優待を取…

【株主優待】クワザワのクオカードは優待利回り3.5%超え

10万円以下で買える優待株を紹介します。 クワザワは株価563円で、100株以上で2,000円のクオカードが貰えます。 優待の利回りはなんと3.5%を超えます。 クワザワの優待、配当内容と企業情報を紹介します。 こんな人に向けた内容です。 優待株を探している ク…

【企業分析】コロナ禍で九州リースの業績が好調な理由を調べてみた

リース業務を行う上場企業は多数あります。 芙蓉総合リース みずほリース 東京センチュリー リコーリース 三菱UFJリース FPG JIA 九州リース リース対象は車両、航空機、建物など多岐に渡ります。 基本的に企業活動に必要なものをリースするので、コロナウイ…

ダイイチ(7643)は隠れた連続増配株(企業分析)

北海道でスーパーを展開する株式会社ダイイチについて分析してみました。 地味な業態ながらも、着実に業績を拡大させています。 また、業務提携をしたり、新しいことを積極的に進めていく姿勢に好感を持てます。 きっと、経営陣か企業風土が良いのでしょう。…

買付手数料無料の海外ETF(楽天証券)

私は個別株を買わないため、資産運用ではETFをメインに購入しています。 VOO(S&P500)やVTI(米国株式全体)、HDV(高配当株)を購入しています。 この内、VOOとVTIについては買付手数料が無料なので助かっています。(楽天証券) 【楽天証券】買付手数料無料の海外…

歩くとお金が貰えるMoney Stepをインストールしてみた

歩くとお金が貰えるアプリを見つけて、ダウンロードしてみました。 このMoney Stepというアプリです。 Money Step 1日1万歩歩くと3円 1ヶ月で20万歩歩くと10円 貰えます。 金額はたかが知れてますが、放ったらかしておくだけなので、とりあえず入れておく価…

株価の天井と底は標準偏差で予測しよう

最近、株価が上がり過ぎている。売ろうかなぁどうしようかなぁ 今回はこんな風に迷っている人に向けた内容になります 統計学の分野では、データのばらつきを表す指標として、標準偏差σというものがあります。 これを使うと、 値が平均値±σの範囲に収まる確率…

投資手法-個別株は買わない

投資手法を少し変更したので、更新したいと思います。 これまではこちら。 以前はREITと債券をメインにするとしていましたが、今の手法は 個別株は買わない 簡単なことだけやる 大きな出費があるまで売らない の3つです。 主にETFや投資信託を買います。 REI…

高配当ETF HDVの分配金推移と構成銘柄

最近、米国高配当ETFのHDVを買っています。 HDVは、 ビジネス上の競争優位性が有り 財務が健全 配当利回りが高い 銘柄を選定して構成されています。 現時点の利回りは約4%なのですが、安定して分配金が得られるか気になったため、配当金の推移を調べてみまし…

コメダの月次情報を分析してみた

サクマ製菓 コメダ珈琲店キャンデー 75g×6袋 発売日: 2017/09/04 メディア: 食品&飲料 コメダ珈琲店の月次情報について分析してみました。 3月から新型コロナウイルスによる自粛が始まりました。 その影響と現在回復基調になっているかを確認してみたいと思…

ファミリーマートのTOB価格推移を整理

伊藤忠商事が子会社のファミリーマートに対してTOBの実施を発表しました。 伊藤忠商事は8日、傘下のコンビニエンスストア大手ファミリーマートに対し、TOB(株式公開買い付け)を実施すると発表した。経営判断の迅速化が狙い。買い付け総額は約5800…

LINE証券の手数料が分かりづらいので細かく整理してみた

LINE証券の手数料体系が分かりづらいので整理してみました。 LINE証券の手数料が分かりにくい原因は 単元株式(100株以上)と 単元未満株で 取引方法が異なるためです。 単元株式の手数料が知りたい人は①を、単元未満株の手数料が知りたい人は②を読んでみて…

歴史が示すハイパーインフレの恐怖。コロナから立ち直る日本にハイパーインフレが襲いかかる

アフターコロナの日本にはハイパーインフレが待ち構えているかもしれません バブル以降インフレどころかデフレの連続で、インフレって言われてもピンと来ないかな? 簡単にいうと、インフレが起こるとモノの値段があっという間に2倍、3倍になります。 相対的…

ポイントで株を買える証券会社4つを紹介

最近、ポイントで株が買える証券会社で増えてきました 今回は、ポイントで株が買える証券会社4社を紹介したいと思います。 それぞれの証券会社の特徴とポイントの獲得方法を紹介します。 ①伝統と変革の松井証券 松井証券は老舗企業ながら、時代の流れを先取…

【投資方針と保有資産公開】Bond・REIT購入法(2020年5月末時点)

私の投資方針と保有資産を公開します 保有資産は月1回公開していきます。 【投資方針】Bond・REIT購入法 REITを選ぶ理由 ①分配金で贅沢したいから ②株式のリターンに対する懐疑 保有リスク資産 資産運用 分配金実績(税引き後) 【投資方針】Bond・REIT購入…

コロナによる経済影響を全10業種に分けて考察

コロナウィルスで仕事に影響出ていますか? 今は大丈夫でも、これから影響が出てくるかもしれません。 取引先が業績不振に陥れば、そこから引き受けている仕事は激減します。 付き合いのある会社の業績は大事で、バブル崩壊やリーマンショックの時は、連鎖倒…

ヤフーファイナンスの株価通知機能を設定しよう(暴落時に便利)

あと100円下がったら買おう、でも指値注文は出したくないなぁ 暴落の時に買ったらすぐ含み損になっちゃうし ネット証券だと数週間単位の指値が出せるようになりました とはいえ、暴落の最中だと長期間の指値を出すのはためらいますよね。 欲しい株価になった…

コロナショックおじさんとは? 性別、心理、リーマンショックおじさんとの違いを徹底解説

君はリーマンショックおじさんを知っているかい? 2008年に起きたリーマンショックに直面。終わりの見えない経済崩壊に心を砕かれる。 アベノミクスが始まっても、当時の恐怖心からリスク資産を買う事もままならず、新参者に対して「リーマンショックの時は…

個別株式の保有リターンは最大15%が目安

株式投資によるリターンは年6〜8%程度と言われています。 これはアメリカにおいてインデックス投資をした場合の数値です。 個別株式へ投資した場合は、ここに各企業毎のリスクとリターンが乗っかってきます。 そのため、インデックスよりどれだけ多くのリタ…

コシダカは欲しいけれど、カーブスは要らない

スピンオフで話題になっているコシダカの企業分析をしました。 コシダカの主要事業は、まねきねこブランドのカラオケと30分フィットネスのカーブスです。 3月にカーブス事業がスピンオフされ、コシダカの保有者にはカーブス株が現物配当されます。 私もコシ…

【副業解禁】ブログが儲からないので株式投資を再開しました

ブログ、全然儲かりません 収益はせいぜい月1000円程度。 はてなブログとドメイン代になるかならないかといったところ。 下手したら赤字になるかもしれないレベルです。 そんなわけでブログは副業にはならないなと諦めました。 代わりに、株式投資を再開しま…

信用取引金利0.9%の東海東京証券について調べてみた

東海東京証券は信用取引金利が0.9%と破格の安さを誇っています。 とはいえ信用取引では、金利以外にも3つの手数料がかかってくるので注意が必要です。 トータルでの手数料を把握するためには、金利を含めた全4種類の手数料を確認する必要があります。 東海東…

PFFの構成銘柄492種類について調べてみた(優先株式&インカム証券ETF)

PFF、高配当に興味のある方なら一度は聞いた事があるんじゃないでしょうか? PFFは優先株式をまとめたETFになります。 優先株式は議決権が無い代わりに配当金が高いため、PFFも高い分配金の得られるETFとなっています。 PFFは金融銘柄が多い為に、景気後退期…

一般NISAはなぜ短期売買に使われるのか? その理由2つを解説!

2024年からNISAが刷新される事が公表されました(20年度税制改正大綱) NISAを2階建に分けて、積立NISAをした人のみNISAを使える仕組みに変更されるようです。 1階部分:積立NISA(20万円) 2階部分:一般NISA(102万円) この変更の理由ですが、一般NISAが…

人間性を保ちながら資産運用を続ける方法

資産運用にストレスを感じていませんか? 私は、それはそれは感じていました。 株を買ったら買値が気になり、その日の終値が気になり。 決算を読み込んで、ツイッターの評判を見たり。 資産運用のために精神を消耗する生活というのは、とてもじゃないけれど…

NYダウとは? ダウ4種類とアメリカの主要指標について分かりやすく解説

ダウが4種類あるって知ってますか? NYダウって言葉はよく聞くと思いますが、これはダウ工業株30種平均の事です。 日経平均の225銘柄と比べて、たった30銘柄で決まってしまう指標なのです。 今回は、4種類のダウ平均株価とその他の主要指数について解説しま…

新興国債券ETF(1566)の分配金推移とリスク要因(自国通貨建債券)を解説

新興国債券ETF(1566)の購入検討中ですか? 新興国債券ETFは、新興国の国債に分散投資するためのETFになります。 詳しくは下記の引用文参照 円換算したブルームバーグ・バークレイズ自国通貨建て新興市場国債・10%国キャップ・インデックスの変動率に一致…

リーマンショック前後で東証REIT指数と利回りはどう変わったか(インカムゲイン)

J-REITに投資していますか? J-REITはインカムゲインの得られる資産なので、一度購入したら売りたくないですよね。 だからこそ、底値で買いたい。 安値で買って売らずに済みたい、となるのではないでしょうか。 そこでREITの底値はいくらなのか考えるために…

【為替スプレッド注意】DMM株が米国株式手数料を完全無料化

DMM株が米国株式手数料の完全無料化を発表しました 12月9日約定分から手数料が無料となります。 気を付けて欲しいのは、取引手数料は無料ですが、為替スプレッド(手数料)は従来通りかかる事です。 米国株式を売買するためには円をドルに替える必要がありま…

サンクコストはプロスペクト理論のグラフで理解しよう

サンクコストって知ってますか? 資産運用、特に株式投資をしている人には耳慣れた言葉かもしれません。 とはいえ、ロスカットできず塩漬けしてしまうのは、サンクコストのせいだ。サンクコストに囚われず、ロスカットしよう。 こんな理解ではないでしょうか…